非日常的な関係性が刺激的!不倫を求める心理とは?

- 不倫で関係を継続させるためのコツ

不倫で関係を継続させるためのコツ

不倫という関係は非常に魅力的な物で、実際にするという人も少なくはないのだが、実際にするのでなくてもそう言ったシチュエーションに対して強い刺激を感じたり興奮したりするような人も少なくはないのだ。
一見すると、不倫という関係を楽しむような人間と言うと遊び好きでうつり気で気が多く、異性と簡単に一夜を過ごしたりするような人に限られた話のように見えるかもしれない。
しかし、寧ろ現実はそうではなく寂しさに負けてしまったり、快楽への欲求が溜まりすぎて不倫に身を染めてしまうというようなケースの方が多いのだ。
しかし、それにしても大きなリスクがあるとわかりながらもなぜ人は浮気まとめという行為に惹かれるのか、というとやはり禁断の愛という物に対して憧れのようなものを感じる人間が少なくはないからだ。

人が憧れる関係性


禁断の愛、禁じられた愛というのはドラマや映画でもしばしばテーマになりやすい物で、一種の非日常感という物に人間は理性をとかされ、不倫をしている時のときめきや刺激に対して、まるで自分がドラマや映画などの主人公になったような気分を味わうことで、日ごろ抱えている日常への不満という物を解消しようとしているというわけだ。
言ってみれば、そういった行為に走っている人間というのは日ごろのストレスから逃げたいということを感じている人間だということだ。
だから、逆に言えば不倫をしたいならばそう言った日常に対して強いストレスや不満を感じている人間なら誘いをかけやすい、ということなのである。
そういった人間は、遊びの関係に対して寛容というわけではないのだが、強い快楽に対して流されやすく、そう言った不満などを抱えている人間ほどドラマや映画のような流れを味わうことができる非日常的な快感という物に対して強烈な憧れをもっている物なのだ。

だから、意外と強引に誘ったりしつこく誘いをかけていると乗ってくる物なのだ。
相手が既婚者で、そう言った話を持ちかける時に大事なことは多少強引に誘う、ということだ。
なぜかというと、結局そう言ったことを理性的に否定するような人間がほしがっているのは、自分が流されるだけの言い訳なのだ。
そして、その言い訳というのが強引に誘われたから、といったような自分はあくまでも受動的出会ったということだ。
誘われようが誘おうが、そう言った関係を結べば同じことなのだが、結局のところそう言ったことに流されたいという風に考えている人間は最後のひと押しがほしいだけなのだ。
だから、そう言った関係に既婚者の相手を誘うのであれば自分からかなり強めに誘うということを覚えておくのが得策だ。
こういった、最後のひと押しで普段からストレスを抱えていたり、不満を抱えている人間というのはあっさりと誘いに応じてくるだろう。
そして、一度関係さえ結んでしまえば後はずるずると引きずられるようにして、そのまま関係を続けることができるのだから簡単に関係性を継続することができる、というわけだ。
勿論、ただ何もせずとも関係を続けることはできないので常に相手の気持ちを掴んでおく、ということを忘れずにいることだ。
つまり、会っている時は相手に常に夢を見させるということである。
相手にとって、こう言った関係の相手に求めているのは自分の日常に対する不満やストレス、というのを会っている時だけでも忘れさせてくれることなのだ。
だから、会っている時はできるだけ非日常的な刺激を与えてあげるということを忘れないようにするのが何よりのコツだ。
そして、恋愛を常に楽しませるということを意識するだけでも相手は自分との関係性からそうそうのことでは離れることができなくなることは間違いない、ということなのである。